RaiseTechのWordPress副業コースを受講した話

この記事は2020年12月29日に書きました。

RaiseTechのWordPress副業コースの受講を検討しているひとに向けて書いた記事です。

「RaiseTechってどうなの?」

「最速で稼げるってほんと?」

「副業で稼げるようになるの?」

「独学じゃ無理かも…」

受講前にそんな不安を抱えてるあなたに向けて書いています。

RaiseTechの受講を悩んでいる方に実際に受講した僕がリアルな感想を伝えます。

結論は「受講料以上の価値あり!」です。

理由は下記のとおり

講師のレベルが高い

質問できる環境で学べる

新しい繋がりができる

詳細解説していきます。

講師のレベルが高い

講師は単価80万円以上稼いでいる現役エンジニア

WordPress副業コースの講師はYATさん(Webデザイナー / Webエンジニア)です。

顔色ひとつ変えずに初歩的な質問や解決に時間のかかる質問にも

必要があれば画面共有までしてくれてあなたが納得するまで答えてくれます。

顔色ひとつ変えずにってのがポイントです。嫌な顔しませんw

うまく言語化できていない受講生の質問の意図まで汲み取る能力が圧倒的。

スキルやデザインのセンスはもちろんですが人間性も洗練されてます。
 

質問できる環境で学べる

RaiseTech受講の価値は質疑応答にあり。

講義はZOOMで行われます。補足を交えつつスライドを読み上げる流れです。

「え?もう終わり?」と感じる方も最初は多いはず。

講義が終わってからは質疑応答の時間がはじまります。

この質疑応答の時間が一番のポイントです

独学で勉強していると解決できない問題にぶち当たったときにググる以外の解決策がありません。

ググって解決しないと

あきらめてしまうことありませんか?

独学に限界を感じてて質問できる環境で学びたいと考えている人には大きな支えになります。

RaiseTechの質疑応答は質問制限のあるスクールとは違って

  • 質問内容
  • 質問回数
  • 質問期間

上記すべて無制限です。

質問内容に制限がないってことが講師のレベルの高さの裏付けです。

とは言え

「授業に関係のないような個人的な質問して他の受講生に迷惑じゃないかな?」って心配はありますよね

心配不要です。

個人的な質問に対しても嫌な顔せずに具体的に丁寧に答えてくれます。

質問に答えた後で講師のYATさんが

質問内容や意図が他の受講生にも共有できるように抽象化しまとめてくれます。

意外と大勢の中で質問するって勇気のいることです。

最初は誰もが怖いはず。

受講するならせっかく質問できる環境にいるので怖がらず質問してみましょう!

新しい繋がりができる

受講生同士のコミニケーションが活発なところも魅力のひとつです。

実際に受講生が獲得した案件を受講生が手伝うような事例もあります。

もくもく会が定期的に開催されていて「ひとりじゃ学習が続かない」などの問題点も主体性があれば解決可能

受講当初は誰もが「よし!お金も払ったし今後のために毎日勉強するぞ!」

って自己啓発本を読み終えた直後みたいなモチベーションMAX状態ですが

ふつうのひとはお金を払っただけではモチベーションが維持できません

みんな楽な道を選びたがります。僕もそうでした。

課題が難しすぎて何度もやめようと思いましたが

もくもく会に参加すると

難しい講義内容につまずいてるのは、自分ひとりじゃないってことがわかって

同じ目標に向かってがんばってる人と共に学ぶことで受講当初の啓発マインド蘇ります。
  
RaiseTechを受講するならもくもく会には積極的に参加がオススメ!

まとめ

圧倒的にレベルの高い現役エンジニア講師から現場で使える、副業で稼げるスキルセットを短期間で学びたい

そんなあなたにはWordPress副業コースを受講する価値ありです!

もちろん内容は難しいです。挫折する人も少なくないです。

主体的に学ぶことができれば受講料以上に価値のある4ヶ月を過ごすことができます。

無料トライアル期間が2週間あるのでまずは挑戦!って選択はありです!

受講を終えたら、副業や転職で受講料を回収してしまえば実質コストは0円です。

受講前にオンラインスクールの仕組み受講後の流れがよくわからず、

RaiseTechの評判や口コミをググりまくった僕から受講を悩んでいるあなたに向けて、受講前に知りたかった情報をまとめてみました。

あなたの受講前の不安を少しでも取り除けるように、受講前の具体的な予習方法コスパよく受講する方法も下記にまとめたので最後まで読んでもらった上で、判断材料にしてもらえればと思います!

タイトルとURLをコピーしました